キャッシングとカードローンは基本的に別

キャッシングとカードローンは、どちらもお金を借りるという点ではいっしょであることから、現在ではほぼ同じような意味合いの言葉として使用する人が多いですが、この2つは本来は別々のものです。

元々、キャッシングはクレジットカードで商品の代金やサービスの使用料の決済を行ったときと同じように、借りたお金は原則として一括払いをして返済するのが基本でした。ある日にお金をいくらか借りるために金融業者に申し込みを行うと、契約時に返済日がセットされ、融資が実行された後は返済日までに借りたお金に利息分を上乗せした金額を、業者が指定した方法で支払って返済するというのがキャッシングのルールでした。

一方、ローン商品の一つであるカードローンは、自動車ローンや住宅ローンなどと同じように、借りたお金は分割払いをして返済するのが基本となっています。毎月の返済額は、特定の日の時点における借入残高に応じて決まり、契約時に決められた約定返済日までに、指定の口座に返済額を入金していきます。ただし、手持ちの資金に余裕がある場合は約定返済日以外の日にお金を入れて残高を減らすことも可能です。また、利用限度額に到達しない限り、何度でもお金を借りることができるのも特徴で、お金が必要になったときに楽に対応することができます。

キャッシングとカードローンの間には上記のような違いがありましたが、分割払いができたり、専用のカードが発行されるキャッシングサービスが登場するようになったこともあり、両者の違いは現在では殆ど無いといっても良い状態になっています。

関連記事

About the author

customer

View all posts