借入期間について教えて?

借入期間とは、融資期間とも呼ばれ、金融機関からの借入を完済すると約束した期間のことを指します。借入期間は1ヶ月単位、もしくは1年単位で設定され、一般的には1年〜35年以内を範囲とします。借入の際には金利ばかりに気を取られやすいですが、借入期間にも注意を払わなければなりません。返済能力が高い場合は、借入期間を短くすることで、支払う利息を減らすことができます。一方、返済能力が低い場合は、借入期間を長くすることで、余裕を持って支払うことができます。
また、金融商品の特徴として借入期間が短いほど金利が低く設定されます。例えば、某有名銀行の全期間固定金利タイプの住宅ローンをチェックしてみると、借入期間15年以内であれば年利2.70%、20年以内であれば年利3.10%、35年以内であれば3.70%となっています。数値でみるとあまり金利差が無いように感じられますが、長期の借入においては、その金利差は返済額に大きく影響します。返済額を低く抑えたい場合は、短期の商品を選びましょう。
一方、借入期間を長期にすることで、毎月の返済金額を低くできます。これにより、毎月の返済の負担が減り、生活を圧迫しません。また、長期タイプの商品では、ボーナスなど余剰資金を取得した場合、繰り上げ返済を行うことができます。これにより、当初予定していた借入期間より短い期間で完済することが可能になります。デメリットとしては、金利は高いことです。返済後期になり定年などで収入が減る場合なども考慮してから借りるべきでしょう。

関連記事

About the author

customer

View all posts